2006年07月30日

滑走路を掘り起こす男

滑走路といっても、飛行場のようにアスファルトではなく、グライダーなどのための滑空場であり、芝がはられていたようだ。

静岡県警浜北署は29日、静岡県浜松市中瀬、無職大川洋三容疑者(62)を航空危険行為処罰法違反の現行犯で逮捕した。
調べによると、大川容疑者は同日午後0時50分ごろ、同市上島の天竜川浜北滑空場で、パワーショベルを使い、滑走路(芝)を横切るように約35メートルにわたって土を掘り返した。
調べに対し、「(軽飛行機の)音がやかましかった」と供述している。昨秋にも利用者とトラブルとなっていたという。
同滑空場は、容疑者宅から約1・5キロ離れており、グライダーやヘリコプター、軽飛行機が週末を中心に訓練などに使っている。この日も軽飛行機1機が空撮と訓練を兼ねて離着陸しており、事件で着陸できずに別の飛行場に向かった。〜読売新聞 7/29〜

昨秋にも利用者とトラブルとなっていたというから、かなり以前から迷惑を被っていたのであろう。そして、とうとう強行手段に出た。
パワーショベルを使って、滑走路を深さ約50センチ、幅約35メートルにわたって掘り起こしてしまった。
これなら、離着陸できない、思わずほくそえんだろう。

彼は、航空危険行為処罰法違反容疑で逮捕されたが、この法律の第一条にこうある。
第一条  飛行場の施設若しくは航空保安施設を損壊し、又はその他の方法で航空の危険を生じさせたものは、三年以上の有期懲役に処する。

結構、重い罰である。
彼自身も人生の離着陸ができなくなってしまうだろう。


banner_03.gif
←ノックアウトされたら、押してみてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

春日部の早業師

今年になって、この種の犯行としては3度目の報道だ。
怖くて警察に届けていないケースもあるだろうから、結構な被害者がいるのではないか。

15日午前0時55分ごろ、埼玉県春日部市緑町の東武伊勢崎線一ノ割駅近くの自転車置き場で、男が同市の女性会社員(28)の顔を殴り、はいていた下着を奪い走って逃げた。女性は顔に軽傷を負い、春日部署は強盗致傷事件として調べている。
調べでは、男は30歳ぐらい。自転車で帰宅しようとした女性に近づいて「パンツよこしな」と声を掛けた。女性が断ると殴りかかって押し倒し、スカートの中に手を入れ下着を奪ったという。〜サンケイ〜

過去の犯行は、当ブログで取り上げた。
「川崎市にも出没する早業師」 

人にモノを請う場合、丁寧な言葉で表現すれば、「それを下さい」だろう。
語気荒くなれば、「それをくれ」になり、脅し風になると、「それをよこせ」になる。

昨日の男は、「パンツよこしな」。
4月の川崎の男は、「パンツをよこせ」
3月の富士市の男は、無言。
昨日の男と川崎の男は、発言は似ているが、年齢が違うようで、同一犯ではなく、前回も推測したように、富士市の犯人も同一とは思われない。
結構な数の犯人が、夜な夜なチャンスを狙っているようだ。

収集癖だとすると、一枚じゃ物足りない。
それぞれが、さらに犯行を積み重ねる可能性が高い。
淑女の皆さん、夜の外出には気をつけられたい。


banner_03.gif
←ノックアウトされたら、押してみてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

古くも新しい犯罪

携帯電話でテレビ電話が掛けられるらしいが、使ったこともなければ、見たこともない。家族の安否を確かめる場合など重宝するだろう。
ところで、電子メールの発明で情報のやり取りは早くなり便利にもなったが、迷惑メールもいやと言うほど発信されてくる。
ITは人の生活を便利にしてくれる一方、新しい問題も出てくる。

携帯電話のテレビ電話機能を使って不特定多数の相手に、自分の下半身を見せたとして、大阪府警布施署などは11日、同府岸和田市内の会社員少年(18)を公然わいせつ容疑で逮捕した。
テレビ電話を利用した公然わいせつ事件摘発は全国初という。
調べでは、少年は4月10日午後10時40分ごろ、同府東大阪市内の小学6年の女児(11)の携帯電話にテレビ電話をかけ、下半身の動画を見せた疑い。電話は番号通知の状態でかかっており、少女が母親に動画を見せ、母親が同署に通報した。
調べに対し、少年は「女性が驚いたり、嫌がったりするのが面白かった」と供述。今年3〜5月に22都道府県の59人に計153回、無作為にテレビ電話をかけていた。男性が出た場合は電話を切るなどしていたという。〜読売新聞〜


公然わいせつ容疑である。
個を主張しようとする、古い手法であるが、新しい媒体を利用した先駆的試みである。

公然わいせつというと、黒いマントの下は素っ裸というイメージがあるが、テレビ電話の場合は、何某のシナリオはあるのだろうか。
この18歳の容疑者がテレビ電話を掛けていたのは、三ヶ月で153回。受信した方は、59名というから、二、三回見せられた人もいるのだろう。
どんなシナリオだったのか、聞いてみたい。
黒いハンカチをかぶせておいて、それを掃うと…?
或いは、シナリオなどなく、いきなり、ディスプレイに映しだされるのだろうか。
だとすると、即物的で味気ないものだ。

18歳の少年は、番号通知だったという。
不覚のように思われるが、自身を見せたあと、その後の展開を身勝手に想像していたとすると、そんなことはない。


banner_03.gif
←ノックアウトされたら、押してみてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。