2007年04月07日

覚えていない教諭たち

勉強することは理解することであり、記憶することでもある。
しかし、日本の場合、受験のための勉強という色が強いため、記憶することが優先するようだ。
先生たちも、そんなことは百も承知なのに、彼らはだいたい「覚えいてない」ととぼけるようだ。

<神奈川県の場合>
3日午後10時40分ごろ、神奈川県小田原市城山1のコンビニエンスストア内で、同市扇町1、同市立鴨宮中学教諭、北川慎也容疑者(46)が、立ち読みをしていた男子大学生(20)の横に来て下半身を露出した。大学生はその場で北川容疑者を取り押さえ、駆けつけた県警小田原署員が公然わいせつ容疑で現行犯逮捕した。
調べでは、北川容疑者は同日夜、同僚らと居酒屋で酒を飲んで帰宅途中。「覚えていない」と容疑を否認している。(毎日新聞)

<大阪府の場合>
下着を盗もうと民家の物干し場に忍び込んだとして、大阪府警泉佐野署は、住居侵入の現行犯で大阪府熊取町紺屋、高校教諭、関篝容疑者(50)を逮捕した。
関容疑者は高校で進路指導を担当。調べに対し「女性の下着を盗むのが目的だった。道路から物干し場が見え、これまでも同じ場所で何度か盗んだ」などと供述したという。
調べでは、関容疑者は6日午後10時45分ごろ、泉佐野市上瓦屋で、民家の物干し場へ侵入。通行人が110番し、駆け付けた警察官が逮捕した。酒に酔っており、当初は「覚えていない」などと話していた。(sankei web)

<青森県の場合>
青森県教育委員会は4日までに、飲食店で同僚の女性にセクハラ行為をしたとして、県東部の中学校の男性教諭(52)を戒告の懲戒処分とした。
県教委によると、教諭は2005年5月22日、運動会後に飲食店で開かれた反省会で、当時同じ中学校の講師だった女性(34)に「一緒にトイレに行こう」と声をかけ、無理やり手を引っ張るなどした。
教諭は「飲みすぎたので記憶がない」と話しているが、後日女性に謝罪したという。(ZAKZAK 2007/04/05)

いずれも酒に酔い、「覚えていない」と言い訳している。
店頭で男に自分自身を露出した46歳の先生。
下着を盗みに住居侵入する50歳の先生。
同僚の女性にトイレに行こうと誘う52歳の先生。
それぞれご自身の秘めた趣味なのだろうが、いかにも屈折した行為である。
普段、強固な倫理観で身をガードしていると、その反動もあって、酒に飲まれ、自分自身が思わず出てしまったということだろうか。
彼らは、「覚えていない」と口をそろえるが、生徒は「彼らと彼らの犯した行為を忘れることはない」だろう。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。