2008年07月09日

ストレスを排泄する方法

パーキングエリア(PA)で尻を露出して排せつ行為をしたとして、北海道教育委員会は9日、宗谷管内の道立高校の男性教諭(56)を停職6カ月の処分とした。教諭は「ストレスがたまっていた。人に言えない恥ずかしいことをした」などと話しているという。道教委は同日、退職願を受理した。
 道教委によると、教諭は6月3日午前0時ごろ、宗谷管内のPAに自家用車を止め、自分でかん腸をした上で車外の排水溝に排せつした。この様子が監視カメラに映り、通報を受けた警察から事情聴取を受けた。3年前から同じ場所で同様の行為をしていたという。(2008/07/09時事通信)


なるほど、こういう方法もあるのだな。

まあ、いったい、ストレスは厄介だ。
この厄介を解消するために、人はそれぞれ色々な方法を学んでいくわけだが、道立高校の男性教諭のこの方法はいかにもマズいだろう。

もっとも、排泄感の、あの達成感に似た感覚は分からなくはない。
しかし、あれで、ストレスがなくなるとは思われない。
ストレスは、そんな容易いものじゃないはずだ。

さて、道立高校の男性教諭から提出された宿題は、なぜに、パーキングエリアの配水溝なのかということだ。
ここに彼のストレス解消のキーがあるとすると、私は、今夜も寝られないことになる?



posted by 非常勤講師ピーポー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。