2006年03月03日

密室の恋

35歳の男と15歳の少女との20日間の不可思議な同居生活。

警視庁蔵前署は3日までに、15歳の少女と約20日間にわたり自宅で「同居」し、わいせつな行為をしたとして、児童福祉法違反(有害目的支配)容疑などで千葉県市川市南行徳の内装工石橋雅典容疑者(35)を逮捕した。「間違いありません」と供述しているという。
蔵前署によると、「同居」の間、少女は料理を作り、学校にも通っていたという。
調べでは、石橋容疑者は昨年10月25日から11月14日までの間、東京都内の中学3年生の少女が18歳未満と知りながら、自宅アパートに住み込ませ、有害な影響を与える目的で支配下に置き、少女にわいせつな行為をした疑い。
少女は昨年の夏休みに出会い系サイトを通じて石橋容疑者と知り合い、交際するようになった。少女の母親が昨年10月、交際をやめるよう注意すると、家出して「同居」。母親の説得で、石橋容疑者の下を離れたという。〜nikkan sports〜

男は、15歳の少女を支配下においたという。
なのに、少女は甲斐甲斐しく、男に料理を作っていたという。
彼女は学校にも行っていたというから、逃げ出そうとすれば逃げられたはずだ。
つまり、二人は相思相愛だった。母親から注意を受け、二人は何度か別れたようだが、結局、男のさやに戻ってしまった。
少なくも、少女にとっては密室の恋だったようだ。

燃え上がるような恋と言いたいところだが、少女は中学3年生という。
ピーポーの感覚からすると、いかにマセていたとしても、あくまで中学生である。
通常であれば、35歳の男の恋愛対象ではないだろうと思う。
しかし、当人にとって通常や異常なんてないのが恋愛のルール。

20日間の密室の恋はとりあえず、幕を下ろした。
しかし、この舞台には、アンコールがあるはずだ。
会場に響く拍手は、彼ら二人だけのものだけど・・・。


banner_03.gif
←現代人類学を研究する人々の成果をご覧ください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。