2006年03月11日

ストレスにうち負けた住職

ストレスがたまっていたことが理由というが、今の日本、ストレスのたまっていない者などいない。誰もがストレスと共に生きている。

警視庁少年育成課は10日までに、15歳の少女に現金を渡し、わいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で広島市安芸区船越、浄土真宗本願寺派光明寺の住職兼保育園長江原一之容疑者(73)を逮捕した。
江原容疑者は容疑を認め「自分の欲望に負けてしまった。反省している。保育園経営でストレスがたまっていた」と話しているという。
調べでは、江原容疑者は2004年8月、東京・新宿のホテルで、当時15歳で高校1年の少女が18歳未満と知りながら、現金8万円を渡してわいせつな行為をした疑い。
江原容疑者は出張で上京していた。〜共同〜

江原一之容疑者がひいきにしていたのは、新宿に拠点がある「ロリコン専門」とうたった派遣型売春クラブ。派遣型というから、ホテルに少女を呼ぶ方法だ。
彼は、宗派の会議などで東京に出張した際、この店のメニューから、いつも「中学生コース8万円」を選んでいた。
73歳というから、相手は、自身の孫のようなものだ。

本来、ストレスのたまった人の気持ちを少しでも解してくれるが住職の任の一つだと思う。
そんな住職が自身のストレスから買春していたということだけでも驚きなのに、それも児童買春というから二度驚きだ。
さらに、一回だけではなく、4、5人に対し計約20回買春したという。これで、三度目の驚きだ。
買春し、回春を願っていたのだろうか。

それにしても、73歳という。
この元気こそ、一番の驚きだ。


banner_03.gif
←ノックアウトされたら、押してみてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 11:29| Comment(2) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
非常勤講師ピーポー、こんばんは
TBありがとうございました
こちらからもTBさせて頂きます

73歳のおじいちゃんが中学生を抱く・・・
想像しただけでも身の毛がよだつ
Posted by 鉄夫 at 2006年03月11日 17:20
中学生コース8万円で捕まったくせに女かこって遊んでます。平気でうろうろさせると子供が心配で、、、もう忘れたんでない。反省のかけらなし

ストレスとは無関係ですね
Posted by 中学生コース8万円 at 2006年08月09日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

73歳の住職、少女へのわいせつ容疑で逮捕
Excerpt: 73歳の住職・保育園長を逮捕、少女へのわいせつ容疑  警視庁少年育成課は10日、広島市安芸区船越4、「浄土真宗本願寺派宗教法人光明寺」住職で、私立保育園の園長、江原一之容疑者(73)を、児童買春・児..
Weblog: 局の独り言。
Tracked: 2006-03-11 16:47

73歳ハッスル住職
Excerpt: 平均寿命が延びたという事はこういうじいさんも増えているということか いくつになっても元気でいて欲しいとは思うがこんな元気さは要らない 警視庁少年育成課は10日、広島市安芸
Weblog: ダブログ
Tracked: 2006-03-11 17:26

元気なじいちゃん
Excerpt: 高齢化社会。。。 元気な高齢者は結構なことだが、元気過ぎるのも問題かもしれない。。。 <覚せい剤>82歳無職男を逮捕、20年以上常習 『札幌中央署は10日、札幌市中央区
Weblog: いどばた日記
Tracked: 2006-03-12 00:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。