2006年03月26日

早業を誇る下着強盗犯

仕事は手際が良いのが一番だ。
手際が良いとは、早く正確であることである。

25日午前0時55分ごろ、富士市柳島のJR新富士駅のガード下にある駐輪場で、歩いていた同市内に住む女性会社員(27)に男が後ろから近付き、押し倒した。男は女性の下着を奪い、そのまま逃走。女性にけがはなかった。富士署が強盗容疑で調べている。
調べでは、男は20〜30歳。身長175センチくらいで、上下とも黒っぽい服を着ていた。金などを要求せずに終始無言だったことなどから、同署は下着を狙った強盗事件とみて、男の行方を追っている。女性は自転車で自宅へ向かう途中だった。〜毎日新聞〜

テーブルクロスが掛けられたテーブル。その上にはいくつかのワイングラスが載っている。
テーブルクロスを一気に引き抜くと、ワイングラスはビクリともせず、テーブルクロスだけが抜き取られる技があるが、これを思い出した。
この記事を読む限り、早業だ。手際が良い。
女性は怪我もなかったというから、早く正確な仕事ぶりである。
しかし、この女性にとっては、つらく長い時間であったろう。

一体、こういう悪さをする男に対処するにはどうしたら良いのだろう。
非常にキツイ下着を着ける?
犯人が逆上する可能性がある。
男ものの下着を着ける?
これも、犯人がショックでブチ切れる恐れがある。

では、最初から穿かないというのはどうだろうか。
確実に下着は盗まれない。穿いていないのだから。
良い策のように思えるが、数多いる好色の輩の餌食になってしまうだろう。
空手でも習って、キンケリをかませることしかないか。


banner_03.gif
←ノックアウトされたら、押してみてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。