2006年08月05日

まにあ堂の強盗

東京都福生市にあるビデオ販売店「まにあ堂」は、7月から8月にかけて同一犯人に3度も強盗に入られた。なんでも、そっち系のビデオじゃ有名な店らしい。

一度目は、7月3日。
このときは、店長が大声を出して、何も取らず、犯人は退散している。

2回目は、7月29日。
午前0時25分ごろ、白いバンダナで覆面をした男が押し入り、男性店長(33)に無言で包丁を突き付け、布袋を手渡した。
店長が、レジの現金20万円を入れると、男は布袋を奪って逃走した。店長にけがはなく、福生署は強盗事件として捜査している。
男は20歳代とみられ、身長約1メートル70。野球帽をかぶっていた。〜読売新聞06/7/29〜

3回目は、8月4日。
4日午後6時45分ごろ、タオルで口を覆った黒人の男が包丁を持って押し入った。店長(33)が男に催涙スプレーを吹き付けて包丁を取り上げようとしたが、もみ合いになり左手を切られ「お金、お金」と脅された。店長がレジから約2万円を出すと、男はさらに小銭約1万円分を奪い逃走した。店長は左手に軽傷を負った。
警視庁福生署の調べでは、男は20〜25歳くらいで身長約170センチ、黒いTシャツにジーンズ姿だった。〜毎日新聞06/8/5〜

2度目までは店は無防備であったが、3度目には、催眠スプレーを備えていたが、あまり効果はなかったようだ。
実被害も、2度目には20万円であったが、3度目は3万円に押さえ込んでいる。

過去の経験は活かされていると言えようが、同一犯人に3度も盗みに入られるなんて、お間抜けな話だ。
また、3度も同じ店に強盗に入るなんて、犯人もお間抜け。
そして、一番のお間抜けは、福生署か。


banner_03.gif
←ノックアウトされたら、押してみてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 14:32| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福生署を間抜けにしてるのは警視庁。
極端な都心偏重だからね。
福生署の管轄は、福生市、羽村市、あきる野市東半分、瑞穂町の、三市一町。
で、交番は全部で八カ所だけ。
それも空き交番だらけ。
あとは全部、駐在所。
人員も人材も決定的に不足してる。
せめて交番統廃合で、よそから人員が補充されるのを期待してる。
Posted by at 2006年08月20日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21958521

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。