2006年09月14日

女子高校生の大好きな大学教授

ご本人は、「覚えていない」というが、本心は、「だって、好きなんだもん」といったところか。

電車内で女子高生(17)に痴漢をしたとして、警視庁は14日までに、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、元早稲田大大学院教授で名古屋商科大大学院客員教授の植草一秀容疑者(45)=東京都港区白金台=を逮捕した。
「酒を飲んでいて覚えていない」と供述しているという。
調べでは、植草容疑者は13日午後10時10分ごろ、京浜急行品川−京急蒲田間の快速電車内で、神奈川県内に住む私立高校2年生の女子生徒のスカートの中に手を入れ、下半身を触った疑い。
女子生徒が「やめてください」と声を上げ、目撃していた乗客2人とともに取り押さえ、京急蒲田駅で駆け付けた蒲田署員に引き渡した。〜共同通信〜

前回も女子高校生、今回も女子高校生。
好きなんだな、女子高校生が。

しかし、仕事は大学教授。
高校の先生になってたら、本人の満足度はスーパーなものになったろうが、生徒達は毎日が驚愕の日々で大変だったろう。

早稲田を首になった彼に救いの手を差し伸べた名古屋商科大大学院は「業績と能力を埋没させてしまうことは損失」として、採用したという。
しかし、けして彼の能力は埋没していなかった。2年たって、能力はもう一度見事に開花した。

前回、逮捕されたとき、彼は「無実潔白だ」とほざいた。
今度は、なんととぼけるのだろう。


追伸:16日になって続報があった。
「事件は警察のでっちあげだ」と供述しているとのこと。
あの病気も、この病気も治っていない。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。