2006年09月17日

気持ちと態度

幸せなら手をたたこうという歌がある。
今は亡き坂本九さんの歌だ。

幸せなら手をたたこう
幸せなら手をたたこう
幸せなら態度で示そうよ
ほらみんなで手をたたこう

長崎県警は14日、自宅官舎で地元テレビ局の女性記者にわいせつな行為をしたとして、奈良恵一捜査2課長(38)=警視=を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にした。奈良氏は同日付で警察庁に異動し、15日付で依願退職する。
奈良氏は県警の調査に「記者が自分に好意を持っていると勘違いしていた。会っておわびしたい」と釈明。記者は弁護士を通じ、県警に「嫌悪を感じていたが、我慢した」と説明したという。
桜井修一県警本部長は「部下を監督、指導すべき立場の幹部警察官がこのような事案を起こし、非常に残念。今後、全職員に対する指導、教養を徹底する」と謝罪した。(共同通信)

sankei webによると、この女性記者は5月初旬から2度ほど、夜回り取材で奈良氏が単身で住む長崎市内の官舎を訪れ、奈良氏は酒に酔った状態で記者を部屋に招き入れた後、わいせつな行為をしたという。

無論、この捜査2課長が悪い。言い訳できない。猛省して欲しい。
しかし…。

二人の発言を見ると、
女の弁「嫌悪を感じていたが、我慢した」
男の弁「記者が自分に好意を持っていると勘違いしていた」

我慢しちゃだめなんだな。
歌ではないが、態度で示さないと、男には伝わらない。
まさか「我慢するために」じっと目なんか閉じていたのではないかな。
そりゃまずいだろう、男は「自分に好意を持っている」と勘違いしてしまうではないか。
「嫌悪を感じていた」なら言動で伝えなくてはね。

曲は次のように続く。

幸せならほっぺたたこう
幸せならほっぺたたこう
幸せなら態度で示そうよ
ほらみんなでほっぺたたこう

女性記者のために歌うと次の歌詞になる。
嫌悪を感じたら、ほほ殴ろう
嫌悪を感じたら、ほほ殴ろう
嫌悪を感じたら、態度で示そうよ
ほらみんなで、ほほ殴ろう


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。