2006年10月02日

親子丼ならぬ親子ドロ

子は親の背中を見て育つというが、この親子の場合は、二人でスキルを高めあっていたのだろうか。

親子でマンガ本などの万引きを繰り返したとして、埼玉県警大宮署は2日、さいたま市北区宮原町1丁目、無職五十嵐清一(54)、次女で無職聖(ひじり)(27)の両容疑者を窃盗の疑いで逮捕した、と発表した。すでに起訴され公判中で、自宅から2人が万引きしたとみられるマンガやCDなど約1万200点(約2250万円相当)が押収されているという。
両容疑者は「新刊本は高値がつく。生計のためにやった」と話しているという。調べでは、両容疑者は8月1日午後1時半ごろ、さいたま市大宮区の書店で、マンガの単行本5冊とDVDソフト2本(約8000円相当)を盗んだ疑い。清一容疑者が見張り役、聖容疑者がカバンに商品を入れる実行役をしていた。
両容疑者はさいたま市内の大型書店やスーパーなどで書籍のほか、衣類などの盗みを繰り返し、換金していたという。(asahi.com)

彼らは書店やスーパーで本を盗み、それを古本屋で売却して、1回当たり5000円を稼いでいたという。
1カ月あたり約5万円の収入を得ていたというから、月の稼動日は10日程度か。

ブックオフあたりに売却していたのだろうか。
ブックオフやハードオフを使用したことがある方は、ご存知だろうが、まあ、買い叩かれる。買い取り価格を聞いて、驚かない人はいないはず。
貴方の口から出てくるのは、間違いなく、「そんなに安いの?」の一言だろう。
とあるハードオフの店のカウンターに、注意書きの紙が張ってあった。
そこには、「カウンターを蹴らないでください」と書いてあった。さもありなん。

愛蔵書などは、そのカウンターから取り戻したくなるような買い取り価格だ。
自宅の本棚のスペースを少しでも広げたいとか、ゴミに出す代わりにといった向きにはよいだろうが。

ところで、自宅に残っていた本などは、売却できなかったもので、約2250万円相当だったという。
実際に二人が万引きした金額はいかほどなのか。
近所の本屋などはもここ数年、かなりの被害を受けただろう。

清一と聖。
名前と実態はだいぶ違っていたようだ。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24793387

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。