2006年11月28日

人見知りの犯行

顔見知りの犯行とは聞くが、人見知りの犯行というのは聞かない。

鳥取県警米子署は28日、睡眠薬入りケーキを使って女性に乱暴したとして、準強姦(ごうかん)の疑いで、島根県安来市広瀬町布部、同県農業共済組合連合会職員で獣医師の安部昭男容疑者(54)を逮捕した。容疑を否認しているという。
調べでは、安部容疑者は今月13日、県内の小売業の店に電話。応対に出た20代の女性に対し、上司を名乗って同県米子市の公園に呼び出し、あらかじめ置いておいたケーキを「(自分は到着が)遅れるから食べておいて」と指示。女性に睡眠薬入りケーキを食べさせて昏睡状態にし、米子市のホテルで暴行した疑い。
同署が女性の被害届を受け捜査した。余罪を調べている。(Sankei web)

この男、暴行するまで被害者の方と目線を合わせていないようだ。
電話して呼び出し、公園に引き出した彼女に、また電話して睡眠薬入りのケーキを食べるよう指示している。
その後、犯行に及んだが、その際にしっかり顔を見られたようだ。

いったい、この獣医師、人見知りなのか、狡猾なのか。
この記事からは判断できないが、しかし、狡猾な人見知りだろうことは想像に難くない。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28490306

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。