2010年04月09日

コンビニ強盗の本当の発声

コンビニ強盗の発声は「金を出せ」が普通だろう。
それも語気荒く、低く太い声で言えば、店員も怯む。
しかし、人間性や国籍により、この発声も変わってくる。

「お金を出してください。強盗です」
9日午前4時25分頃、大阪市平野区加美北8のコンビニエンスストア「サンクス大阪加美北8丁目店」で、若い男が男性アルバイト店員(21)に「お金を出して下さい」と要求した。
店員が聞き返すと、男は「強盗です」と話してナイフをちらつかせ、店員が差し出した約3万5000円入りの袋を奪って逃げた。店内に客はおらず、店員にけがはなかった。
約10分後、南西約1・3キロの平野署に男が「私がやったんです」と出頭、強盗の疑いで緊急逮捕された。発表では、同区喜連6の無職槙新一郎容疑者(26)。
調べに対し、「生活費がなく、国民健康保険料の支払いなどに困ってやった。自転車で逃げる途中で、自分のしたことが怖くなった」と話しているという。(10-4-9 読売新聞)


「たばこでもええから出せ」
神戸市中央区磯上通3丁目のコンビニ「ファミリーマート磯上通三丁目店」に8日午前4時35分ごろ、黒いニット帽とマスクで顔を覆った男が侵入。いきなり男性店員(29)に包丁のようなものを突き付け「金を出せ」と脅した。
清掃中だった店員がモップを上段に構えて「金はない」と拒否すると「たばこでもええから出せ」とせこく食い下がった。それでも、店員が「ない」と言い続けると、男は陳列棚から栄養ドリンク「リポビタン8NEW」(263円相当)1本だけを奪い、速足で逃げていった。
兵庫県警葺合署によると、当時、店内に客はいなかった。同店から東へ約10メートルにあるマンションの前で、同じような服装をした男が自転車に乗る姿を住人が目撃。男は30〜40歳で身長約1メートル70。ダウンジャケットのような黒っぽい上着を着ていた。 (10-4-9 スポニチ)


「レジ、オープン」
コンビニエンスストアから現金を奪ったとして、警視庁中央署は、強盗の疑いで、米国籍の自称ビジネスコンサルタント、マッキース・ロバート・ブルース容疑者(41)=東京都中央区湊=を逮捕した。同署によると、マッキース容疑者は日本人の妻に付き添われて出頭し、「生活費がほしくてやった」と容疑を認めている。
逮捕容疑は、27日午後8時40分ごろ、同区新川の「am/pm新川2丁目店」で、レジ内にいたアルバイト店員の女性(28)に包丁を突きつけて「レジ、オープン」などと言って脅し、売上金13万7千円を奪ったとしている。女性にけがはなかった。
同署によると、マッキース容疑者は奪った金を持っていたポリ袋に入れて逃走したが、同日午後11時過ぎに出頭してきたという。
マッキース容疑者は約6年前に結婚したのを機に、日本に定住。エンジニアとして働いていたが、勤務先が倒産したため、現在は週に1回、自宅で英語を教えていた。収入は月2、3万円程度だったという。(09-3-28 産経ニュース)


いずれの発声にしても、奪えた金は、数万円から十数万円。
リポビタン一本なんて犯人もいるが、強盗は5年以上の懲役となる重罪。まったくもって、つりあわない。
皆、生活資金に困窮したためという。

彼らのコンビニでの発声が、次のように聞こえてくるのは私だけか。
「生活費がありません。なんとか社会を変えてください。」
「たばこ銭もない、なんとかしてくれ」
「ベター、エコノミー」


posted by 非常勤講師ピーポー at 20:36| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

魅力の下着の魅力

異性の下着は、魅力的だ。
想像力を逞しくしてくれるアイテムだ。
だから、男達は、夜な夜なそれを求めて町を彷徨する。

まず、男は干してあるそれを見たい。


高知南署は5日、住居侵入の疑いで高知県須崎土木事務所主査、平下修容疑者(31)=同県いの町枝川=を逮捕した。
逮捕容疑は、5日午前11時ごろ、高知市潮新町の民家の庭に無断で入った疑い。同署によると「女性の下着をのぞくために入った」と供述している。
付近の住民が、塀を登る平下容疑者を発見し通報。駆けつけた警察官が、数百メートル離れた路上で見つけ、職務質問したところ容疑を認めたという。
県人事課は「捜査の進展を待って厳正に対応する」としている。(msn 産経ニュース2009.5.5)

次には、干してあるそれを奪う。

千葉中央署は27日、千葉市中央区登戸、会社員安田直樹容疑者(49)を強盗傷害の疑いで逮捕した。
発表によると、安田容疑者は26日午後7時45分頃、同区稲荷町のアパート敷地内に侵入。1階の飲食店経営女性(51)方のベランダに干してあった女性用下着3点を盗んで乗用車で逃げる際、取り押さえようとした近所の消防士男性(33)の左腕にかみつき、軽いけがをさせた疑い。
(読売新聞2009年5月27日)

さらには、家の中にも侵入して、奪う。

気象研究所(つくば市)は29日、市内の集合住宅に忍び込んで女性用下着などを盗んだとして、30代の男性研究官を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。つくば中央署は研究官の自宅から下着など約200点を押収したが、被害届けが出ておらず、立件を見送ったという。
気象研総務課によると、研究官は昨年12月、市内の集合住宅に侵入し、住人からの通報を受けた管理人に取り押さえられた。気象研が本人に事情を聴いたところ、過去にも同じ集合住宅に繰り返し忍び込み、共用部分の洗濯機から衣類を盗んでいたと供述したという。研究官は「誘惑に負けてしまった。反省している」と話しているという。 (アサヒコム 2009年5月29日)

我慢の足りない男は、直接、異性にそれを求める。

茨城県警生活安全総務課と高萩署は11日、同県高萩市の女子中学生(15)を車で約4時間連れ回したとして、未成年者誘拐の疑いで、同県日立市河原子町、無職、武田智容疑者(41)を逮捕した。調べに対し、「女の子の下着をもらおうと思った」と話しているという。
高萩署の調べによると、武田容疑者は1月21日午前11時ごろ、体調が悪く早退して下校途中だった、女子生徒=当時中学2年=に「自分の娘の下着を買うので一緒に選んでほしい」と声を掛けて車に乗せ、午後3時過ぎまで福島県内などを連れ回した疑い。
生活安全総務課によると、女子生徒は車に乗った地点まで戻って解放されたという。母親が被害届を提出し、女子生徒の証言から武田容疑者が浮上した。(msn 産経ニュース2009.5.11)

ちょっと前、自分の下着をサイトで売っていた女子高校生がいたが、そのニーズは消してなくなることはないようだ。
果たして、求める者達にとって、魅力の下着なのか、下着の魅力なのか。
posted by 非常勤講師ピーポー at 20:02| Comment(10) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

ストレスを排泄する方法

パーキングエリア(PA)で尻を露出して排せつ行為をしたとして、北海道教育委員会は9日、宗谷管内の道立高校の男性教諭(56)を停職6カ月の処分とした。教諭は「ストレスがたまっていた。人に言えない恥ずかしいことをした」などと話しているという。道教委は同日、退職願を受理した。
 道教委によると、教諭は6月3日午前0時ごろ、宗谷管内のPAに自家用車を止め、自分でかん腸をした上で車外の排水溝に排せつした。この様子が監視カメラに映り、通報を受けた警察から事情聴取を受けた。3年前から同じ場所で同様の行為をしていたという。(2008/07/09時事通信)


なるほど、こういう方法もあるのだな。

まあ、いったい、ストレスは厄介だ。
この厄介を解消するために、人はそれぞれ色々な方法を学んでいくわけだが、道立高校の男性教諭のこの方法はいかにもマズいだろう。

もっとも、排泄感の、あの達成感に似た感覚は分からなくはない。
しかし、あれで、ストレスがなくなるとは思われない。
ストレスは、そんな容易いものじゃないはずだ。

さて、道立高校の男性教諭から提出された宿題は、なぜに、パーキングエリアの配水溝なのかということだ。
ここに彼のストレス解消のキーがあるとすると、私は、今夜も寝られないことになる?



posted by 非常勤講師ピーポー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

ポロリとベローン

ポロリとべローン。
人の名前ではない。露出オーバーに関する擬音である。
フィルムカメラで撮った露出オーバーの写真は、ハイライトが飛んでしまい、諧調の表現ができなくなる。
デジタル写真でも同様で、おでこや鼻のデータがなくなり、真っ白になってしまうなんてことがある。
フォトショップで頬あたりのデータをコピペし、そのデータを修正すればなんとかなるが、適正な露出で撮ったものに勝ることはない。

ところで、ポロリとベローンである。

まずは、ポロリだ。MSN産経ニュースからだ。

「下半身ポロリ 公然わいせつで自衛官逮捕」
静岡県警沼津署は25日、公然わいせつの疑いで陸上自衛隊富士駐屯地の2等陸曹、相沢一容疑者(39)=同県小山町須走=を逮捕した。
調べでは、相沢容疑者は今月8日午後8時ごろ、沼津市三芳町の路上で、通り掛かった同市の女性会社員(27)に自分の下半身を見せた疑い。付近を巡回中の同署員から直後に職務質問され、犯行を自供したという。
同駐屯地は「誠に遺憾。指導を一層強化し、このようなことがないようにしたい」としている。

次は、ベローンだ。ZAKZAKから。

「通り掛かった女性に下半身ベロ〜ン…自衛官を逮捕」
静岡県警沼津署は25日、公然わいせつの疑いで陸上自衛隊富士駐屯地の2等陸曹(39)=同県小山町=を逮捕した。
調べでは、2等陸曹は今月8日午後8時ごろ、沼津市三芳町の路上で、通り掛かった同市の女性会社員(27)に自分の下半身を見せた疑い。付近を巡回中の同署員から直後に職務質問され、犯行を自供したという。
同駐屯地は「誠に遺憾。指導を一層強化し、このようなことがないようにしたい」としている。

実名が入っているか入っていないかだけで、記事はまったく同一。
但し、見出しは大きく違う。
かたや、ポロリで、もう一方は、ベローンだ。
言葉の感じからは、ポロンの方は短く可愛げで、ベローンはやや長めで黒々しているように思わせる。
しかし、本当のところ、どう違うのかは良く分からないが、いずれも、露出オーバーであることには違いない。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

夜の散歩

暑い。
挨拶は「暑い」だ。
面白がって、「暖かいね」なんて言った日には、拳骨で殴られそうな、そんな日々である。
夜になっても、家の中は涼しくはならない。
昼の熱気が収まらず、暑いままだ。
こんなときには、外に出て涼むのも自然なことだ。

横浜市の鶴見川付近の公道で12日未明、全裸で徘徊していた三菱自動車社員の男が現行犯逮捕された。
三菱自動車社員・佐々木 實(みのる)容疑者(53)は、午前1時半ごろ、横浜市の鶴見川付近で、全裸にスニーカー姿で自分の車に乗り込むところを、通りかかった警察官に現行犯逮捕された。
佐々木容疑者は、川沿いを30分ほど徘徊していたということで、調べに対し「男に興味がある。見られると興奮する」などと供述している。(FNN)


深夜の散歩に出かけた佐々木實氏にとっては、涼を取るのが目的ではなかった。
「男に裸を見られると興奮する」
涼しくなるどころか、もっと熱くなってしまうと思うが…。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

嗜好の幅

いったい、人には嗜好がある。
だから、男にも女性に対する好みがある。
ロリコン、高校生、人妻、熟女といろいろだ。
あなたはどれだろう。
しかし、この男の嗜好の幅はまったく広い。

今年3月以降、大阪市鶴見区などの路上やマンションなどで、若い男が女性を触ったりわいせつな行為をしたりする事件が十数件連続発生しており、数件の現場に残された男の遺留物のDNA型が一致していることが7日わかった。府警は同一犯の犯行と断定、連続強制わいせつ事件として本格捜査を始めた。被害者は10代から70代と幅広く、重傷を負った女性もいる。府警は女性を無差別に狙う犯行に警戒を強めている。
調べでは、男は身長約170センチ、中肉中背で20歳代くらいの若い男。最近では、7月14日夜、鶴見区内の路上で、男が10代女性の頭をつかみ、無理やり座らせわいせつな行為をしようとしたが、女性が抵抗したため逃走。直後に近接した場所で、50代女性が同じような被害にあった。また、同月4日未明には、特徴の似た男が帰宅する若い女性のあとをつけて同区内のマンションに侵入、共用廊下でわいせつな行為をしたという。
6月18日未明には、城東区内の路上で、歩いていた70代の女性が、自転車に乗って近づいてきた男に押し倒され、足を骨折する重傷を負った。翌日未明にも、鶴見区のガレージ内で、携帯電話で通話中だった40代の女性が若い男に突然押さえつけられ、わいせつな行為をされた。
付近では、女性が胸を触られるなどの事件が今年3月ごろから十数件発生。現場は、鶴見区の市営地下鉄今福鶴見駅付近の半径約600メートルの範囲内に集中していた。
このうち数件の事件で、現場に残された男の体液から検出されたDNA型が一致し、府警は一連の犯行が同一犯によるものと断定した。この周辺に土地勘のある男の犯行とみられる。
被害者の女性の年齢にばらつきがあり、犯行時間帯も夕方から未明まで幅広い。府警は、無差別に女性を狙った悪質な強制わいせつ事件とみて付近の警戒を強め、男の特定を急いでいる。(sankei web)


20歳代の男だという。
被害者は、十数名。
記事に載っているだけでも、10代、40代、50代、70代とレンジは広い。
冒頭にも書いたように、男には嗜好がある。
ロリコン、高校生、人妻、熟女。
しかし、こいつの嗜好は、そんな範疇を超えている。
記事にもあるように、無差別だ。
こういう男をビョーキと呼ばずして、なんと呼ぼう。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

うっかり

うっかりとは、ぼんやりして注意が行き届かないさまをいう。
人の情報処理や判断は、いつも冷静に行われるわけではない。
外部環境や自身の精神など状況により、まったく意図しない判断や行動をしてしまうことがある。
卑近な例、パソコンを使っているとき、データを格納しようとして、間違って、ソフトそのものを終了させてしまったことがあった。他の問題を考え、ぼーっとしていた。
これが、うっかりだ。

埼玉県警所沢署は15日、電車内で下半身を露出するなどしたとして、公然わいせつなどの現行犯で同県所沢市の埼玉県営繕課主事荒畑秀行容疑者(27)を逮捕した。
調べでは、荒畑容疑者は15日午後6時半ごろ、所沢市内を走行中の西武池袋線の電車内で、座っていた高校3年の女子生徒(18)に対し下半身を露出するなどした疑い。
生徒とほかの乗客が取り押さえ、所沢署に引き渡した。同容疑者は「うっかりやってしまった」と供述しているという。
(nikkan sprots)

今回の場合、「うっかり」という言葉の使用は、不適である。
男性器には、一般的に用途が二つあるが、その用途を間違った場合、「うっかり」だろう。
例えば、電車の中で、睡魔に襲われた。しかし、尿意が頭をもたげ、夢うつつで、電車のシートが便器に見えたので、ポロリンしてしまった場合にこそ、「うっかり」だろう。
今回の場合、他紙によると、女子高生が乗っていた車両には同容疑者と2人しかいなかったらしい。
今、出さないと他の乗客が乗ってくるかもしれないと、あせっていたのかもしれない。
だから、「うっかりやってしまった」ではなく、正しくは、「とうとう、やってしまった」、或いは、「タイミングを見はかり、やってしまった」だろう。
荒畑秀行容疑者は、言葉も吟味して欲しい。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

表現する者たち

人は自己の存在の証明として表現しようとする。
美術であったり、音楽であったり、文学であったり。
しかし、表現する技術が乏しければ、自身で表現しようとする者たちもいる。
ここに紹介するのは、バイクや自転車に乗りながら自己表現に努めた者たちの記録である。

鳥取署は19日午前3時15分ごろ、鳥取市末広温泉町のコンビニエンスストア近くの路上で、同市西品治の吉多義己・市都市計画課主任(39)を公然わいせつの疑いで現行犯逮捕した。下半身を露出して自転車に乗っていた疑いで、通行人の通報で鳥取署員が駆けつけたという。吉多容疑者は酒に酔っていたらしい。(asahi.com)

4月末の記録。

広島中央署は26日、公然わいせつの現行犯で広島市道路交通企画課長、三上克博容疑者(52)=広島市西区鈴が峰町=を逮捕した。
調べでは、三上容疑者は午後6時25分ごろ、同市中区舟入本町のマンション駐車場出入り口付近で、止めてあるバイクにまたがり、自転車で通行中の女性(45)ら2人に下半身を露出した疑い。「他人に見せるつもりはなかった」と供述しているという。
広島市の高山茂道路交通局長は「速やかに事実関係を把握し、厳正に対処したい」としている。
(sankei web 4/16)

春の夜、自転車に乗りながら、頬に当たる風はなんと心地よいことだろう。
さぞや、…も。
しかし、彼らが表現しようととしたものは、一体何なのか。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

吝嗇な男

吝嗇と書いて、「りんしょく」と読む。
意味は、ケチだ。

札幌南署は14日、札幌市西区発寒6の9、日本郵政公社職員、安藤克己(かつみ)容疑者(33)を窃盗容疑で逮捕した。安藤容疑者は3日午前〜4日午前、同市中央区内の会社員の女性(27)のアパートに侵入し、ベースギター1台と女性の靴1足(計約2万5000円相当)を盗んだ疑い。容疑を認めている。
調べでは、安藤容疑者と女性は今年2月から交際していたが、4月下旬ごろ別れた。交際期間中に安藤容疑者がベースギターと靴をプレゼントしたが、別れたために代金を女性に要求。断られたため、女性宅に合鍵を使って侵入し、盗んだという。(毎日新聞)

ベースと靴一足で、2万5000円也。
別れたため代金を要求するというのも、いかにも悲しいが、断られると、奪回するために盗みに入るとなると、怖い。
付き合っている最中は、プレゼント攻撃。
分かれると、ケチの本性を表したのか。

記事を読むと、この男、二日間、女性のアパートに侵入しているようだ。
初日は、ベースで、翌日は、靴か。
余程の因縁があったのかもしれないが、いかにも気持ちに幅がない。度量がない。

この男の人生、ケチでケチが付いてしまった。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 21:53| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

覚えていない教諭たち

勉強することは理解することであり、記憶することでもある。
しかし、日本の場合、受験のための勉強という色が強いため、記憶することが優先するようだ。
先生たちも、そんなことは百も承知なのに、彼らはだいたい「覚えいてない」ととぼけるようだ。

<神奈川県の場合>
3日午後10時40分ごろ、神奈川県小田原市城山1のコンビニエンスストア内で、同市扇町1、同市立鴨宮中学教諭、北川慎也容疑者(46)が、立ち読みをしていた男子大学生(20)の横に来て下半身を露出した。大学生はその場で北川容疑者を取り押さえ、駆けつけた県警小田原署員が公然わいせつ容疑で現行犯逮捕した。
調べでは、北川容疑者は同日夜、同僚らと居酒屋で酒を飲んで帰宅途中。「覚えていない」と容疑を否認している。(毎日新聞)

<大阪府の場合>
下着を盗もうと民家の物干し場に忍び込んだとして、大阪府警泉佐野署は、住居侵入の現行犯で大阪府熊取町紺屋、高校教諭、関篝容疑者(50)を逮捕した。
関容疑者は高校で進路指導を担当。調べに対し「女性の下着を盗むのが目的だった。道路から物干し場が見え、これまでも同じ場所で何度か盗んだ」などと供述したという。
調べでは、関容疑者は6日午後10時45分ごろ、泉佐野市上瓦屋で、民家の物干し場へ侵入。通行人が110番し、駆け付けた警察官が逮捕した。酒に酔っており、当初は「覚えていない」などと話していた。(sankei web)

<青森県の場合>
青森県教育委員会は4日までに、飲食店で同僚の女性にセクハラ行為をしたとして、県東部の中学校の男性教諭(52)を戒告の懲戒処分とした。
県教委によると、教諭は2005年5月22日、運動会後に飲食店で開かれた反省会で、当時同じ中学校の講師だった女性(34)に「一緒にトイレに行こう」と声をかけ、無理やり手を引っ張るなどした。
教諭は「飲みすぎたので記憶がない」と話しているが、後日女性に謝罪したという。(ZAKZAK 2007/04/05)

いずれも酒に酔い、「覚えていない」と言い訳している。
店頭で男に自分自身を露出した46歳の先生。
下着を盗みに住居侵入する50歳の先生。
同僚の女性にトイレに行こうと誘う52歳の先生。
それぞれご自身の秘めた趣味なのだろうが、いかにも屈折した行為である。
普段、強固な倫理観で身をガードしていると、その反動もあって、酒に飲まれ、自分自身が思わず出てしまったということだろうか。
彼らは、「覚えていない」と口をそろえるが、生徒は「彼らと彼らの犯した行為を忘れることはない」だろう。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

伝統の儀式

伝統の儀式と言うと結納などが頭に浮かぶが、一方で、限られた社会に代々伝わる、ほとんど意味のない行事もある。これは明らかに後者の伝統の儀式だ。

大阪市立の中学校に通っていた20代の女性3人らが、在学中に運動部の顧問の男性教諭(42)からわいせつ行為や体罰を受けたとして、教諭と市に計550万円の損害賠償を求める訴訟を7日までに大阪地裁に起こした。教諭は「そうした事実は一切ない」と全面的に争う構え。
訴えによると、女性3人は1996年に市立中に入学。教諭は3人を校内の控室に個別に呼び出して「全国大会に出るにはプライドを捨てろ」「先生と気持ちを通じないとあかん」と説教し、下着姿にさせたり、体を押さえ付けて床をなめさせたりしたほか、教諭の指をくわえるよう命じ、従わせた。「処女をくれるか」と言って抱き締めたこともあったとしている。
原告はこうした行為が「伝統の儀式」と呼ばれ、後輩も含めほかにも複数の被害者がいたと主張している。
元生徒から話を聞いた母親が2004年3月、市教育委員会に相談。教諭が事実を認めないことを理由に市教委が処分しないのは不当だとしている。
原告側は大阪簡裁に民事調停を申し立てたが、教諭は「呼び付けて指導はしていない。訴えは信じられない」と主張、不調に終わった。
教諭は市教委の調査には「生徒から指導を求めに控室に来たことはあるが、わいせつ行為などしていない」と答えたという。〜ZAKZAK〜

事実がどうかは分からない。
しかし、事実だとしても、これは伝統の儀式とは呼べない。
伝統の儀式という限り、仲間内で認められる儀式ではなくてはならないと思うが、これは、42歳の教諭が一人悪さをしてきたのだから。

犯行があったとされるのは、96年。
母親が相談したのは、04年。
この間、9年間。
無理やり伝統の儀式に同席させられた生徒はどのくらいいるのだろうか。

こうした教諭に厳しい断罪を下すこと。
これこそを伝統の儀式とすべきだろう。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

下腹部への教育

福岡県筑紫野市では、奇妙な教育が行われていた。
中学の男性教諭が男子生徒の下腹部への集中講義を行っていたのだ。

福岡県筑紫野市教委は13日、同市立中学校の40歳代の男性教諭が昨年、男子生徒に対し、校内で下腹部を触ったり、性的な内容を含む電子メールを送ったりするセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)をしていたと発表した。
学校側は教諭を昨年12月下旬から自宅謹慎にしており、市教委は詳しい状況を調査したうえで処分を検討する。
市教委によると、教諭は昨年9月から12月にかけ、男子生徒3人に性的な内容を含む電子メールを送った。12月には校内で、男子生徒2人に対してズボンの上から下腹部を触るなどした後、それぞれ1000円と2000円を渡した。教諭は「口止め料ではない」と話しているという。
学校側に12月21日、ほかの生徒から「教諭が生徒にお金を渡している」との相談があった。校長が教諭に事情を聞いたところ、事実関係を認めた。
教諭は昨年4月に着任。社会科を教え、3年生の進路指導を担当していた。(読売新聞)

教育の内容を取りまとめると、次の通り。

○昨年12月、校内の個室で、面談中の保護者を待っていた3年生男子に、性的な話を持ち出しながら下腹部を触った。その際、「これから君が頑張るなら」と言って千円を渡した。
○12月初旬にも別の部屋で2年生男子に同様の行為をし、誕生日祝い名目で2千円を渡した。
○校内の印刷室で2年の男子生徒に「チャックが開いているぞ」と言って下腹部に触れ、「プレゼント」として2000円を渡した。
○昨年9月以降、2、3年の男子生徒と頻繁に携帯メールをやりとりし「陰毛が生えているか」「僕には君が必要だ」「君っていい男だね」などと性的な内容を含むメールを送った。
○複数の男子生徒に「アドレスを教えて」と500円を渡した。
○誕生祝いや携帯電話代、ジュース代などの名目で、生徒7人に500−2000円の現金を渡していた。

教諭は「スキンシップを図りたかった」と言っているが、校長は、「指導能力がなく、生徒の歓心を買おうとした」とにべもない。

この教諭は昨年4月に着任し、社会科を教え、3年生の進路指導を担当していたという。中学の進路指導者の影響力は大きい。
生徒達に与えた影響は計り知れない。
特に下腹部には如何に…。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暖冬だから裸

ニューヨークは暖冬で、ハワイのような陽気らしい。
日本も例年と比べると厳しい寒さではない。
だからか。

千葉県警富津署は13日、同県館山市上真倉、海上自衛隊3等海佐、片川道成容疑者(41)を建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。
調べでは、片川容疑者は同日午後3時10分ごろ、閉鎖中の同県富津市金谷、「内房フラワーハウス」に、かぎが壊れた扉から侵入した疑い。センサーで気付いた警備会社が110番し、駆けつけた警官が、全裸で逃げる片川容疑者を逮捕した。レストランだった2階には脱ぎ捨てた私服があった。片川容疑者は「盗みではない。入りたかっただけ」と供述し、容疑を認めている。
片川容疑者は館山市の海自第21航空群所属で、この日は休日だった。施設では海鮮物販売などをしていたが2年前に廃業し、警備会社に管理を委託していた。2階は海の眺望が良かったという。(毎日新聞)

2階は海が眺められるうえ、日当たりもいいらしい。
片川道成容疑者も「日当たりがよいので、2階のレストランで服を脱ぎ、日光浴をしていた。初めて入った」と話している。
靴を履いただけで、全裸。
休日の開放感と暖冬を楽しむには最高の場所だったのだろう。
紅白に刺激されたか。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

正直な男

正直者が馬鹿を見る。
嫌な世の中になったものだ。

24日午前4時20分ごろ、千葉市中央区星久喜町の京葉道路松ケ丘北料金所で、車から降りてきた男が料金所の男性職員(63)に包丁のような物を突き付け、「強盗です」と脅した。
職員が現金約10万円入りの料金収受箱を渡すと、男は車で松ケ丘インターチェンジを降り逃走した。
職員にけがはなかった。
千葉南署は強盗事件として捜査している。(時事通信)

正直な男だ。
できれば、引き続き正直であって欲しい。
警察に出頭し、正直に告げて欲しい。
「強盗でした」と。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

コンドームの進歩

ブッシュ大統領は、エイズ予防の最も効果的な方法として「禁欲を促すこと」としているが、それができれば問題はない。禁欲できないからこそ、どうするかだ。
エイズ予防にはコンドームだろう。
ローマ法王庁でさえ、カトリック教徒に禁じてきたコンドームの使用について前向きな姿勢を見せ始めているという。
注目のコンドーム、使いやすいものにするための改善は進む。最近の研究成果。
【臭いとの闘い】

インド紙タイムズ・オブ・インディアは3日、同国の広告審査協議会と検閲当局が政府に対し、「風味付きコンドーム」のテレビ宣伝の日中における放映禁止を要請した、と伝えた。「品位に欠き、悪趣味。青少年に影響を与える」と主張している。
同紙によると、このコンドームは「イチゴ」「チョコレート」「バナナ」の3風味があり、「今日の夜は何味?」などの売り込み言葉と共に宣伝されている。ロイター通信は、風味の付着の方法などには触れていない。
これに対し、エイズ撲滅活動家は、性感染症の阻止の観点から、宣伝の全面的禁止より、夜11時以降の放映を提唱。同時に、大人指定の映画などに合わせて放送することを促している。
一方、コンドームの製造メーカーは、風味付き製品は性行為の選択肢を広げるために開発したのではなく、通常のコンドームの材料の臭いを嫌がるカップルを念頭に発案したと説明している。
インドの地方部では、保守的なセックス観が色濃く、避妊などにも消極的な見方が強い。これがエイズウイルス(HIV)の感染拡大などにつながっているとの指摘もある。国連は、インドには推定約570万人のHIV感染者がいるとの統計を発表している。(CNN)

【装着時間】

愛する人とセックスを楽しもうとしても、コンドームを装着するのに手間取り、気分が台無し。
こんな不満を解消しようと、南アフリカ共和国の発明家が瞬時に装着できるコンドームを開発、同国内でこのほど発売された。
画期的な発明をしたのはケープタウンのウィレム・ファンレンスブルク氏。同氏はウェブサイトで、従来のコンドームの場合、袋から取り出し、装着前に上下を確認する必要があり、「使用するのはとても苦痛だった。装着できた時には、ムードは盛り下がっていた」と指摘する。
ファンレンスブルク氏が開発した「プロント・コンドーム」は、袋を折り曲げただけで袋が中央から左右に裂ける。袋の両側を持ったまま、中央部に出てきたコンドームをペニスにあて、そのまま下ろすと装着できるという代物。装着してから袋を捨てればよく、共同開発者のルルフ・ムルデル氏は「どんなに遅い人でも3秒で装着できる。普通は1秒で可能だ」と自信を見せる。
ムルデル氏は、従来のコンドームは表と裏を間違って装着し、着け直して使用することもあったが、プロントは袋に上下が明記してあり、表と裏を間違えることがないため、病気の予防の点でも優れていると強調した。(時事)

【装着方法】

ドイツで新たなコンドームの販売が検討されている。それはどんなサイズにもぴったりフィットする「スプレー式コンドーム」と呼ばれるものだという。
このコンドームの開発を行っているのは「コンドーム・コンサルタンシー」という研究所。同研究所のジャン・クラウス氏は木曜日、「より快適に安全な性生活を楽しんでもらうことを目的とした商品です」とロイターに語った。
「私たちはあらゆるサイズのペニスにパーフェクトにフィットするコンドームを開発しているのです。真剣ですよ……」とクラウス氏。
クラウス氏らのチームが開発しているのは、スプレー缶タイプの容器を利用するコンドーム。まず男性はこの缶にペニスを差し込む。その後、ボタンを押すとペニスにスプレーが噴射され、ピッタリサイズのコンドームが装着されることになるという。
「あらゆる角度からラテックスが噴射されるのです。我々はこれを360度処理と呼んでいます。あっという間にペニス全体が覆われることになります。自動洗車機にちょっと似た方法ですね」
最終的には約5秒で「装着完了」となるよう開発を進めているという。完成すれば、これまでのものよりピッタリとサイズがあい、さらにずれにくい、より快適なコンドームとなるだろう、とクラウス氏は語る。
しかし店頭に並ぶまでには、まだ少し時間がかかりそうだ。というのも、ラテックスをペニスに均等な薄さでスプレーする方法をさらに研究する必要があるからだという。クラウス氏は2008年までには商品化したいと話している。
値段は一回使い切りタイプのもので約20ユーロ(約3000円)。また、別売りで約20回使用することが可能な詰め替え用のラテックスカートリッジも販売される予定となっており、こちらは1つ10ユーロとなっている。
クラウス氏によると、なんとかコンドームの装着を簡単にできないかと考えていたとき、スプレー式の医療薬品を見て思いついたという。(ロイター)
 
息子の動きに反し、頭が下がる研究である。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 21:58| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

人見知りの犯行

顔見知りの犯行とは聞くが、人見知りの犯行というのは聞かない。

鳥取県警米子署は28日、睡眠薬入りケーキを使って女性に乱暴したとして、準強姦(ごうかん)の疑いで、島根県安来市広瀬町布部、同県農業共済組合連合会職員で獣医師の安部昭男容疑者(54)を逮捕した。容疑を否認しているという。
調べでは、安部容疑者は今月13日、県内の小売業の店に電話。応対に出た20代の女性に対し、上司を名乗って同県米子市の公園に呼び出し、あらかじめ置いておいたケーキを「(自分は到着が)遅れるから食べておいて」と指示。女性に睡眠薬入りケーキを食べさせて昏睡状態にし、米子市のホテルで暴行した疑い。
同署が女性の被害届を受け捜査した。余罪を調べている。(Sankei web)

この男、暴行するまで被害者の方と目線を合わせていないようだ。
電話して呼び出し、公園に引き出した彼女に、また電話して睡眠薬入りのケーキを食べるよう指示している。
その後、犯行に及んだが、その際にしっかり顔を見られたようだ。

いったい、この獣医師、人見知りなのか、狡猾なのか。
この記事からは判断できないが、しかし、狡猾な人見知りだろうことは想像に難くない。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

ナンパの神様、逮捕

テレビに出ていたらしいが、ピーポーは、一度も見たことはない。

女子中学生のポルノ画像を撮影したとして、警視庁池袋署は13日、東京都渋谷区東2、会社役員石川恭一郎(29)、豊島区雑司が谷3、無職鳥山翔(23)、兵庫県西宮市、男子大学生(18)の3容疑者を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕したと発表した。
調べによると、3人は今年8月23日深夜、鳥山容疑者が自宅に連れ込んだ女子中学生に対して、わいせつ行為を行い、デジタルカメラで撮影した画像をパソコンに保存した疑い。
同署によると、3人は、ナンパの成功例を掲載するホームページで知り合った仲間。
特に、石川容疑者は「ナンパの神様」と呼ばれ、テレビ出演していた。(読売新聞11月13日)

石川恭一郎容疑者のホームページには、いろいろな手法が紹介されている。
まあ、くだらぬことを良くも研究したなと関心する。
まあ、ここまで極めると、「道」だろう。
つまり、ナンパの研究というより、ナンパ道とでもいうべきものになっている。
しかし、内容は軽薄そのものである。
こんなのを真似て実践していた輩もいるのか。
ホームページも早く封鎖したほうが世のためである。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

おまじない

溺れるものは藁をも掴むというが、この女性は、結婚願望が相当強かったのだろうか。

「良縁のおまじないをしてあげる」と観光客の女性にわいせつな行為をしたとして、京都府警西京署は26日、準強制わいせつの疑いで、京都市西京区山田平尾町、タクシー運転手岡崎直克容疑者(66)を逮捕した。
調べでは、岡崎容疑者は7月20日昼ごろ、京都市西京区の鈴虫寺(華厳寺)近くで、栃木県から観光と良縁祈願に来た会社員の女性(37)に「ガイドブックに載っていない良縁で穴場のお寺に連れて行き、おまじないをしてあげる」と勧誘。
女性からガイド料として1万5000円を受け取り、西京区の寺院を案内した後、同市下京区のホテルへ。おまじないと称して女性を裸にし、赤の筆ペンで女性の体中に「梵(ぼん)」という字を書きながら体を触った疑い。
岡崎容疑者は「同意があった」と否認しているという。〜スポニチ〜

鈴虫寺は、その名の通り、一年中鈴虫の鳴き声が聞けるらしい。
また、願い事が叶うので有名な寺とのこと。

そんな寺に、良縁を求め一人尋ねた女性。
素敵な男性と知り合えますようにと熱心に祈った。
しかし、参拝者は多く、心配になる。
「こんなに願い事を受け付けたのでは、全てが叶うのは無理だわ」
そんな気持ちを抱いた帰り際、タクシーの運転手に声をかけられた。
「済みません。ご存知ですか? ガイドブックに載っていない良縁で穴場のお寺がありますよ」
「以前ご案内した女性から、お礼の葉書をいただきましたよ」

その寺を参拝後、さらに、この運転手は告げる。
「実は、私の家は寺で、体に梵の字を書くと良縁が訪れるのですよ」
「だけど、こんなところじゃできないので、二人きりになれる所に行きましょう」
この運転手、初犯じゃないような気がする。

いずれにしても、こんな事件で、彼女の婚期が遅れないことを祈る。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

礼儀知らずの先生

車に乗った人が、ウィンドーを下げ、道を尋ねてきたら、多くの人は対応してくれる。
今回の福岡市の女性もそうだったのだろう。

福岡県警東署は13日、強制わいせつなどの疑いで福岡県春日市の福岡市立小学校教諭の男(51)を再逮捕した。
調べでは、教諭は8月13日午後9時半ごろ、福岡市早良区の路上で、帰宅途中の女性(22)に道を尋ねるふりをして下半身を露出したまま車から降り、女性の体を触った上、車に連れ込もうとした疑い。
「道を尋ねただけ」などと容疑を否認しているという。同署は余罪を調べている。〜ZAKZAK 〜

男はブラブラさせながら、車を降りてきたのだから、これゃ驚くわな。

この男、小学校の先生である。しかも51歳だ。
こんな先生に何が教えられよう。

まず、TPOが理解できていない。
ブラブラさせるには、時と場合と場所を選ばなくてはならない。

そして、「道を尋ねただけ」とすっとぼけている。
悪いことをしたら、正直に謝るべきだ。

そして、なにより、道を尋ねたのだから、そのお礼をしなくてはならないはずだ。
いやいや、その上で、見知らぬ若い女性の体を触っている。このお礼だってしなくてはならない。
まったく、礼儀をしらない。

こんな男が、先生をしているのだ。
今の日本の教育レベルなど、推して知るべしである。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

実践的授業

教室で理論だけを学んでも、実社会では役立たないことが多い。
だから、この先生は、学生達を実践的に学ぶことの重要さを教えがたいために、少々過激な授業になったのか。

中国東部江蘇省の大学助教授がアートの授業中に自ら衣服を脱いで「裸」になり、学生を困惑させたとして話題になっている。北京大衆紙の新京報が26日に伝えたところによると、文化省当局者がこの助教授を、強く非難しているという。
新京報によると、江蘇省常州にある江蘇技術師範大学に中国で初めて設置された「人間の身体的芸術と文化」という研究機関における授業中の出来事だった。
莫小新助教授が担当した「ボディ・アート」の授業中、同助教授が人間の「力」と「タブーへの挑戦」を力説するため、1時間の授業に70─80歳代の男女と若いカップルを「モデル」として呼んで裸体を見せたほか、自分自身も服を脱いで、さらに学生にも衣服を取るよう勧めたという。
授業を受けていた学生は、「莫先生は授業中、とても興奮しているように見えた。話しながらベルトを外してズボンを脱ぎ、教室の真ん中に裸で立った」と話している。
助教授の突然の挙動に、授業を受けていた約30人の学生は困惑し、天井を見上げたり顔を背けてうつむいたりしたという。
文化省の当局者は、「研究にタブーはないが、こういったことを授業で直接的に実戦するのは不適当だ」と非難。一方で、研究機関における「実践的な授業」が、今後どのような影響を及ぼすのかは不明だ、と述べている。(CNN)

積極的にタブーへ挑戦した莫小新助教授の努力は、学生達には伝わらなかったようだ。
学生達は困惑し、天井を見上げたり顔を背けてうつむいたりしたというのだから。
老いた男女と若いカップルのヌードをバックに、自分も脱いでしまった莫小新助教授、かなり興奮していたという。
「皆も脱いでご覧」
どのような講義をしていたのか分からないが、画像だけを見ていると、ストリップショーのようだ。

この助教授、今後もこのような実践的な教育を行っていくのだろうか。
今回は、タブーの挑戦という切り口で、裸になった。
しかし、研究対象となる人間の行動は多岐にわたる。
従って、今後、彼の実践的な講義も多くのバリエーションとなっていくのだろう。
大変なご苦労である。


banner_03.gif
←さらに研究を深めてください。
posted by 非常勤講師ピーポー at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。